平均

LCでは日本全国に緊急アンケートを実施しました。

その内容は、あなたの出身地の平均バストサイズは何カップなのか、ということです。

あなたは満足できるバストサイズですか?

唐突なお話になりますが、ご自分のバストサイズについて満足感を持っていますか?

男性には、大きなバストは女性の象徴と思えるかもしれません。

だからこそ女性にとってバストサイズは気になる問題です。

場合によってはコンプレックスになってしまうほどなのです。

そこでLCでは気になるバストサイズについて、今回独自の調査を実施しました。

バストについて47都道府県の女性にアンケートを依頼して、各都道府県別の平均バストサイズを調べました。

そして平均バストサイズ日本地図を作成することができました。

日本全国の平均カップが判明

アンケートで一番多かったバストサイズが各都道府県で表示されているサイズになっています。

全47都道府県で多かったのはBカップが18県Cカップが17県でした。

両方合わせると75%弱を占めています。

そこで日本人の平均バストサイズは、BカップからCカップとわかりました。

このサイズが確かに下着売り場でも一番需要が多いようにも感じられます。

比較対象を東日本と西日本にすると、Bカップが約半数の東日本に対して、Cカップが半数の西日本でした。

少し大きいのは西日本のようです。

温かい地域ではパパイヤザクロなど、女性ホルモンの分泌を促すと言われているものが収穫されます。

それが食生活に影響を及ぼしているのかもしれません。

さらにエリア別に見てみます。

ここでは中部地方から近畿地方が目立ちます。

Dカップは奈良県や大阪府で、Eカップは岐阜県と京都府です。

バストが大きい傾向は日本の中心のエリアであるみたいです。

確かにこのエリアご出身の方はグラビアアイドルが多いようです。

何か根拠がこの結果にはあるのか、と考えました。

さらに調べてみたところ、LCの調査と世の中で言われている結果とは逆だったことがわかりました。

根拠のある別のデータでナンバー1だったのは岩手県

テレビでも以前に同じような調査をしたことがあるとの情報を入手しました。

その結果を調べてみると、岩手県がバストサイズが大きい都道府県の1位だったのです。

このデータには食生活にポイントがあるという理由がありました。

豆腐がその根拠になった食材です。

大豆イソフラボンという成分が豆腐の原料の大豆には含まれています。

植物性エストロゲンとも呼ばれる大豆イソフラボンは、バストサイズアップに不可欠な女性ホルモンの中のひとつ、エストロゲンと似た働きをすることで知られているのです。

そして岩手県は豆腐の消費量が日本一の県なのでした。

スポンサードリンク